カテゴリー

  • まちづくり
  • 医療・福祉
  • 平和
  • 悲しかったこと
  • 感動したこと
  • 教育
  • 暮らし
  • 書籍・雑誌
  • 枚方市議会の動き
  • 楽しかったこと
  • 清潔公正な市政
  • 環境
  • 男女共同参画
  • 趣味
  • 農業

九度山の富有柿(ふゆうがき)2017年

Dsc_6434

11月19日(日)

 関西では特に秋冬を代表する果物としてみかんと並ぶのが

柿ではないでしょうか。

  柿の生産量日本一は和歌山県だとのこと。その中でも産地

として、九度山が有名です。

友人の知人である柿農家を訪問するのはもう4回目です。

Dsc_6440

特に「九度山の富有柿」は大きくてしかも美味しいと評判です。

きれいですよ。濃い黄色から濃いオレンジ色まであります。

この九度山とは、地名で、和歌山県北部を東西に流れる紀ノ川

の中流にあります。柿の山々からおいしさが伝わってきます。

富有柿は、糖度は16度、17度以上と甘い柿です。

また柿の大きさ)3Lになると250g以上の大きな柿もあります。

旬は10月末~11月まで。

お歳暮、贈り物の定番としても喜ばれる富有柿です。

Dsc_6460

私は富有柿(甘い柿)と渋柿を2箱分と採りました。

仲間、8名で訪ねました。

今年も、渋柿を干し柿にしてたくさん作ります。また、完成すれば

掲載しますね。

Dsc_6430

お家で毎年、郷土料理をいただきます。去年は柿の葉寿司

でした。今年は押しずしです。

沖縄・泡盛に酔い、友が集う

Kimg4065

11月14日(火)

 沖縄の関係者から誘われ京都ホテルオークラで、泡盛を飲み

ながら琉球舞踊や島唄を楽しみました。

挨拶は沖縄県の幹部です。

Kimg4072

沖縄はすでに20数回訪問していて、琉球舞踊なども最近

観てきました。京都でまたみせてもらった。

そのほかに沖縄の島唄、エイサー、三線(さんしん・三味

線)など沖縄の世界にふけりました。

Kimg4078

食べ物も沖縄料理。

アグー(豚の角煮・写真)をはじめ沖縄ものばかり。

メインは泡盛。100%米麹だけで発行された蒸留酒です。

最近の研究で、泡盛は動脈硬化や心筋梗塞予防に良いとのこと。

古酒は泡盛を3年以上貯蔵したお酒です。

飲みやすくおいしいですね。

国宝 石清水八幡宮の門前町、森町内会の懇親会

Kimg4055

11月11日(土)          台風の影響で流される流れ橋

 町内会の懇親会があって、すぐ近くの「四季彩館」に行ってきました。

会長さんの挨拶があった後、さっそく食事。そのあとはソバづくりや

入浴がありました。

話題は尽きません。背割りの堤公園(木津川・桂川・宇治川が合流

して淀川になるところで桜の名所)の桜が倒れ閉鎖されていること、

「流れ橋」が完全に流れてしまったことなど。

町内会の付き合いは、楽しい限り。

Photo_2

「四季彩館」では地場産野菜が売られている。

宿泊や会合もでき家族の遊びポイントとして

活用できます。一度ためしてください。

枚方市市制施行70周年記念式典

Kimg4047

11月8日(水)

 今日は枚方市民会館大ホールで、枚方市市制施行70周年記念式典

が開催されました。

枚方市から招待を受け、参加してきました。

なつかしい市職員やOBと話をしました。みなさんそれなりに年齢をかさ

ねているのがわかります。

写真は、伏見 隆 枚方市長から特別功労者の表彰を受ける山村富造

元枚方市長。

Kimg4044

スイセンが一輪咲きました!

Dsc_6411

11月6日(月)

 家の裏にある畑にスイセンが一輪、思いがけなく咲きま

した。びっくりしました。

スイセンは、普通12月〜2月ごろでしょう。

 福井や淡路島のスイセンを以前、観に行ったことがある。

越前水仙などの咲く時期は12月〜2月ごろだった。

我が家のスイセンは、もう咲き出した。

10月はじめ、群生していたスイセン約200株を株分けしま

した。

すべて開花するか楽しみだ。

Dsc_64221

 このスイセンがいっせいに咲いてくれれば、またブログで

紹介します。

今日は、一日中畑仕事をしていました。畑の畝(うね)をつくった

リ、水はけがよくなるよう水路づくりに励みました。

おかげで、腰が痛くなってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて社会のうごきですが、トランプ大統領と安倍首相の日米首脳

会談は、最悪の内容だ。

トランプは北朝鮮問題を最大限利用して、アメリカ製武器のトップ

セールスを公然と行った。

会談で優先的に話することは、アメリカが先制的な軍事力行使を

やらないためにどうするのかではないのか。

北朝鮮との対話に踏み切ること、北朝鮮に核開発をやめさせる事

ではないのか。

アメリカと北朝鮮の対話が平和に向けての解決策ではないのか。

 

淀川三川合流の地、さくらであい館からの夕日

Kimg4033

10月30日(月)

 台風が過ぎ去り、東京、大阪で木枯らし1号が吹き荒れ、強風でした。

先週の日曜日も台風でした。

一日で10度の温度差があり体調を気をつけねばいけませんね。

夕方、閉館の間際、木津川と宇治川の合流「背割りの堤」の地をパチリ

もうすこしで11月です。なんでこんなに日がたつのが早いのでしょう。

鹿児島の秘湯を訪ねて

Dsc_6327

10月末日

鹿児島の秘湯めぐりに行った

龍門滝があるところの龍門滝温泉です

Dsc_6331

龍門滝は、迫力のある滝だ

Kimg3957

次は、有名な郡山温泉

Kimg3971

山あいの名湯ですね。

Kimg3962

湯量豊富な無色透明の湯は飲用も可能で胃腸病に効くと

評判らしい

Dsc_6333

次はつれづれの湯。これが温泉の入口です。

Turedureno_yu

今日は、女湯は、木の風呂、 男湯は石の風呂でした。

硫黄泉でまたまた、のんびり。

次は湯之元温泉

源泉温度80℃の単純硫黄泉を加水せずに冷ましながら

使用してるのだそうです。硫黄特有のにおいが、心を癒してくれます。

関節痛や腰痛に大変効果があり地元のお年寄りに評判の温泉です

入浴料150円も最高です。

鹿児島県も日本有数の源泉かけ流しの湯が多いところです。

2017年10月 総選挙に思う

Dsc_6288

10月23日(月)       我が家のすすき

 22日投開票の総選挙結果は、「自民圧勝」の結果で終わった。

しかし、深く分析すると報道されているよう自民党に「圧勝」の喜び

が感じられない。

 なぜ自民党が「圧勝するのか」は、はっきりしている。選挙制度が

3割の得票なのに、実際には6〜7の議席を獲得してしまうという

「小選挙区制度」の悪弊の結果だ。

自民党の中にも、「選挙制度を変えるべき」との声がある。

国民の意見を、正しく議席にも反映しなければいけない。 

 この間、何度も思ってきたことだ。

伊勢大神楽 安田市太夫さん来たる!

Dsc_6283

10月10日、早朝

今日は朝からわが町内会に、伊勢大神楽という獅子舞がやって

きました。

これは、伊勢にお参りに行けない人々のため、かわりに獅子舞の

神楽と共に「お札を届けて回る」という何百年も前からある民間

信仰で、安田市太夫というところが年に二回、お彼岸時分に三重

より来らるそうです。

Dsc_6279

今年の春には3月24日に来られました。

向かいのお宅に獅子舞がにぎにぎしく入っていかれた。

次は、我が家に来てくださるのかなと思うとスーと別の家に行かれます。

登録しなければいけないのですね。

今度来られた時はぜひ、我が家にも立ち寄ってくださいとお向かい様に

お願をしていましたら、突然我が家にもやってきてくれました。

 「家内安全、御商売繁盛~」と唱えながら、笛や太鼓、鈴の音色と共に

獅子が舞います。初めてのことでしたので、サービス精神よく、時間かけ

て舞って、獅子の口で、私の頭をかぶって?いただきました。

今日は、衆議院選挙の公示日。神頼みではないですが、共産党の躍進を

祈りました。

穀田恵二 前衆院議員の事務所開き

4

2017年10月8日(日)

  16時より、衆院選京都1区で立候補予定の日本共産党・穀田恵二

さん(前衆議院議員、共産党国対委員長)が、京都市中京区にある

選挙事務所で事務所開きを行いました。

 穀田さんは、母校立命館大学の4年先輩です。学生時代から弁舌

鋭く演説され、リーダーシップを発揮されていました。

今でも、その光景が目に浮かびます。

今は、党の国対委員長・選対委員長と超多忙の生活です。

もう70歳ですね。明日からの選挙戦、体に気を付けて頑張って

ほしいものです。

朴 葵姫(パク・キュヒ)ギターーリサイクル

Dsc_6275

10月7日(土)

 

 京都府内の会場で、朴 葵姫(パク・キュヒ)さんのギターリサイタルが

開催され、友人から誘われ聞いてきました。

友人たち3人も総選挙のことを気にしながら、チケットを2か月前に購入

されており、参加しました。

朴 葵姫(パク・キュヒ)さんは、韓国生まれで日本と韓国で育たれたそう

です。

世界の多くの主要国際ギターコンクールで優勝されています。

演奏曲は、私も挑戦した「アルハンブラの思い出」、それからスペイン

とブラジルのギター曲を演奏されました。 

 世界の一流の楽器演奏も最高にワクワクしました。

スペインに行きたくなりました。

十五夜・中秋の名月とすすき・さつまいも

Photo_2

10月4日(水)

今年の中秋の名月・十五夜は、曇り空でほとんど見えなった

が、瞬間をついて出たのがこの月。めでたいな~

Dsc_6244

我が家のすすきは18本花開きました。

素晴らしいすすきです。

Dsc_6240

朝、裏庭に芋を植えた「うね」を掘り返した。

見事に成長している芋ではないか。

畑の土が痩せているので、少し甘みはないが満足・満足。

日本共産党が2中総を開催

20172

10月3日(火)

 日本共産党の第2回中央委員会総会が開催され視聴しました。

志位委員長は、総選挙の政治対決の構図について、新党「希望

の党」結党などの中で一部メディアが描く「『自公』対『希望』」でも

なければ、「『自公』対『希望』対『リベラル・共産』」でもないと指摘。

 1月の党大会決定で見定めた「自公とその補完勢力」対「市民と

野党の共闘」の構図にいささかも変わりなく、いっそう鋭い形で浮き

彫りになってきたことを深くつかむことと報告した。

 まったくその通りだ。

この間、4野党との統一候補と言われていたのが、「希望の党」の

出現で、選挙情勢は変わった。しかし、政党としての大道を行くことが

大切だ。党利党略で数合わせの政党は、必ず近い将来瓦解でする。 

 野党共闘で立憲民主党の役割は大きいと思う。政策・公約でまとま

っているから、3野党の協力・連帯と市民との共闘が本当に大事だと

思う。

八幡歴史散歩

Dsc_6194

9月29日(金)

友人に誘われ、八幡歴史散歩に出かけました。14名の方が

来られていていました。八幡市の松花堂庭園前で集合。

松花堂の水琴窟は、現在工事中で見学できませんでした。

Dsc_6200

女郎花塚の前に立って、講師の方が、情緒豊かに説明してくれます

Dsc_6211

八幡市志水にあった志水廃寺瓦窯跡遺跡

講師の方が、ここで焼いた瓦は大阪市内の四天王寺にも持って

いったといわれた。

枚方市北楠葉・中之芝の登り窯で造った瓦も四天王寺や法隆寺の

屋根瓦に使われている。この男山周辺の土が、瓦の粘土に適して

いたのです。

Dsc_6220

八幡市志水から枚方市樟葉への切り通し道入口

「樟葉道」と言われています。

昔、八幡市から枚方市楠葉へ向かう道は、ここなのか

と感慨深く歩きました。

Dsc_6227

八幡市にすぐ隣接する枚方市楠葉のお店で松花堂弁当を

いただきました。この写真のほかに、御飯、吸い物もありました。

値段は980円。先日、松花堂の中にあるお店でいただいた弁当

と値段は段違い。でも、おいしかったですよ。

安倍首相 「森友・加計疑惑隠し」の衆議院解散!

Dsc_61931

9月28日(木)               NHK昼のニュースより撮影

今日、無謀な衆議院解散が自公政権によって強行された。

テレビでは、「希望の党」ばかりの放映。うんざりする。

「希望の党」の本質は、なんだろう。

希望の党に集まっている顔ぶれは、秘密保護法や安保法制(戦争法)

共謀罪など、多くの国民の反対の声を無視して強行採決に同調して

きた安倍政権をささえたりした国会議員がほとんど。

 小池百合子 東京都知事も日本会議(議連では日本会議国会議員

懇談会)のメンバーであった。 

 右翼勢力とベッタリの「希望の党」には、日本の未来を託す事はでき

ない。

秋季 彼岸会法要と女流講談師

2_3

9月23日(土)

 知人のお寺で「秋季 彼岸会法要」と東京から来られた女流講談師

の神田あぐりさんの講談があった。

笑いは大切ですね。いつものことだが読経の時は、いつの間にか寝て

しまう。

そして、第二部の演壇では、笑い笑いで頭スッキリ。

お彼岸さんでおはぎをいただきました。

ここ数年「正し〜い」季節にあったものを食べ、ただしい食生活をしている。

あぐりさんには講談のイロハを教わる。赤穂浪士の「義士引き上げ」の

部分を何度も唱和した。

 案外面白いものだ。

柿の木のせん定と畑の土づくり

2_2

9月19日(火)

我が家の裏畑には、ふゆ柿としぶ柿の木が2本あります。

青い柿がいくつか、実ってきています。

Photo

造園業の方にお願いして、せん定していただいた。

柿の実がなろうとしているのに、虫にやられてしまったからだ。

柿の木の枝は、案外もろく折れて落ちて亡くなられた方の話を

よく聞く。観ているとなかなか、面白いものだ。

3

畑には、新しく4本の「うね」をつくってさまざまの旬の野菜を育てている。

耕運機で畑の土を柔らかくし、肥料も混ぜながら土づくりをしている。

案外、楽しいものだ。

でも毎日、毎日の草刈は大変だ〜。

«旬の食材

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ