カテゴリー

  • まちづくり
  • 医療・福祉
  • 平和
  • 悲しかったこと
  • 感動したこと
  • 教育
  • 暮らし
  • 書籍・雑誌
  • 枚方市議会の動き
  • 楽しかったこと
  • 清潔公正な市政
  • 環境
  • 男女共同参画
  • 趣味
  • 農業

和歌山 紀伊田辺の循環湯温泉

Dsc_0645

2月11日                     建国記念の日

 今日は、全国で2・11建国記念の不承認の会が開かれ、私も

参加し、そのあと写真クラブの実践教室に行くつもりが、諸般の理由

で和歌山紀伊田辺に行った。

 田辺は、20年ぐらい前よくイサキ釣りに行ったものだ。

Dsc_0646

釣りの後は、必ず宿の循環湯温泉に入った。

懐かしい場所である。

Dsc_0656

5階にある風呂からは、船の航路が人工的に作られているのがよくわかる。

ここの海底は、浅く岩でゴツゴツしていて船底がよくぶつかるのだ。 

Dsc_0664

 帰りは、せっかく海に来ているのだからおいしい魚を食べていこうとなって

お寿司屋さんによった。

「ぎょぎょぎょ」かな?

 「夕方よこわ」が入っている。

今日の午後から出港し、夕方港にあげられた超新鮮なのが「夕方よこわ」

というのだ。

 「よこわ」とはクロマグロの若い魚のことで、関西地方での呼称です

また、リピートしたい店が一つ増えました。

Dsc_0661

 写真はマグロのカマ焼です

2月10日 共産党演説会

Dsc_0627

2月10日(日)

 京都市八幡市で演説会が開催され、田村智子共産党副委員長、倉林参院議員

森下よしみ府議などが訴えました。

Dsc_0633

 田村智子副委員長は、強行採決や偽装を繰り返す安倍政権を「こんな

政治を子どもたちにどう語るのか」と厳しく批判しました。

 田村さんの優しい・穏やかな口調でのお話は、大変わかりやすいものでした。

そして厳しく指摘する箇所は、力強かったです。

 大変、演説が上手になられ、風格も出てきたのを感じました。

前川嘉平さんと考える講演会 ㏌ 龍谷大学

Dsc_0588

2月9日(土)

 龍谷大学深草キャンパスで、前川嘉平(前文部科学省事務次官)さんの

「2019年の展望と私たちの課題」と題して講演会が開催されました。

 安倍総理との関係で加計学園・森友学園で一躍有名な人になった。

私は、権力の中枢にいた人たち、自民党・安倍政権から離れた元官僚たち

の本や講演が好きだ。

権力側にいた人がどのように考え動いたのかが大変よくわかるからだ。

 孫崎 亨(元 外務省国際情報局局長)さんや古賀茂明(元経済産業省官僚)

さん、現役の大使等、案外おられるものである。

 文科省の中でも、前川ファンが多く、内部告発が続いている。

前川さんの落ち着いた語りの中でも、中身は厳しかった。

 「安倍はうそつきだ」・・このような発言もあった。

まったくそのとおりである。

Dsc_0585

会場はいっぱいで、前川さんは年間250回以上の講演をこの2年近く

こなしているという。さすがに興味ぶかいところが多々あった。

2019年立春

Photo

2月4日(木)     今日、白梅が満開状態になりました。(自作) 

 今日は立春。 

今朝9時ごろ、京都駅に行ってきました。 

朝早いのに、いつもより中国の人達でいっぱいです。 

そうだ。今週は2019年チャイニーズ・ニューイヤーなんだ。

 中国の正月だから、めでたい・めでたいなんだ。

立春とは、旧暦で使用されていた二十四節気(にじゅうしせっき)

の一つで、(旧暦の)1年が始まる日ですよね。

春がやってくるぞう~ですね。

二十四節気では、1年を太陽の動きに合わせて4等分(冬至、夏至、

春分、秋分)し、さらにその間で4等分(立春、立夏、立秋、立冬)

しているのです。

そのうちの一つが立春ですね。

そうですね、香港・韓国・ベトナム・インドネシア・モンゴルなど、

今日から1年が始まるのだ。」」

京都市内での大演説会

Dsc_0369

2月1日(金)

 いっせい地方選挙の告示まであと2カ月という時期に、京都市内で

小池晃書記局長・参院議員を迎えての大演説会が開催されました。

会場は、立見席までいっぱいという状態で、大阪と比べるとはるかに

若者・中年が多いな~とまず感じました。

「日本の夜明けは今日から」

Dsc_0330

小池参院議員のこの日のスケジュールは、参議院での代表質問。

そして、国会関係を終えて新幹線で京都という、いつもハードスケジュール。

でも、元気がありました。

今年の選挙で「自民党を追い抜いて、第1党を勝ち取ろう」と訴えには迫力が

ありました。京都の革新の伝統、山本宣二時代、1960・70年代の蜷川民主

府政時代、70年代の国会銀の奮闘、など、懐かしいおもいで聞き入りました。

Dsc_03771

 小池さんの演説・テレビ討論は、いつもすっきりします。

ぐるーぷ ぐれい おぶ ぐれい(水彩画)展

Photo

1月28日(月)

 「ぐるーぷ ぐれい おぶ ぐれい(水彩画」)展は・今年30回目の開催です。

「ぐるーぷ ぐれい おぶ ぐれい」は、枚方市役所OB・OGたちが中心に

なって最新作を展示・発表しているグループです。

 私が現役の時、仕事上でお世話になった多くの方が出展されています。

議会事務局時代にお世話になった伊藤 隆さんがいつも案内してくれます。

 京都市内の三条寺町のギャラリーでの展示会にも、ほぼ毎年伺っています。

多くの方が伊藤さんの水彩画を買われます。

Photo_2

もう、20数年伊藤さんの画を観ていますが、いつもいつも心が洗われます。

 そして、一人の画家の作品を長年観ていると、時代とともに作風が変わ

っているのがよくわかります。

これからも、健康に注意され、ますます感動を与える水彩画を描いてほしい

です。

Dsc_0277

ほぼ、すべての作品をみおわろうとした時に、現役時代共にかたりあった

前 市会議員の高橋伸介さんと出会いました。

コーヒーを飲みながら、近況を語り合いました。

 

森下よしみ事務所びらき

Dsc_0217

2019年1月27日(日)

 春のいっせい地方選挙まで、あとわずか。森下よしみ京都府会議員の

事務所びらきに行き激励してきました。

 私が最初の選挙と森下さんの初選挙が同じ関係です。

Dsc_0255

いつも、元気ではつらつとされています。

Dsc_0263

市会議員団長の山本さんが訴えました。

Dsc_0273

年金者組合八幡支部新春のつどい

Dsc_0029_3

1月26日(土)          サクソフォンをふく森下知子さん 

Dsc_0148

八幡年金者組合会長の森下さんの開会あいさつ。

遊び七割活動・勉強三割の年金者組合。いいですね。

Dsc_0157

沖縄民謡 エイサー。みなさん元気です。

Dsc_0165

 年齢不詳のフラグループだが、フラダンスには元気を与えるものがある。

なぜっていえば、大地から力をもらうため、はだしで踊るダンサー。

この日は、会場の外ではサンさんと雪が降っていた。

Dsc_0163

 劇団「わらび座」出身の夫婦が「ケ・セラ」など歌てくれたり踊りもオカリナも

ギターの奏でてくれる。一級建築士でもあり、市会議員であり、いつ練習して

いるのでしょう。

00010001

みんなで歌おう・・・・・大きな口を開け腹式呼吸で健康に最高ですね。

Dsc_0013

最後に、デュオ「たんと」

 CDも発行され、美しい音色のオカリナ、かたやサクソフォン。

夫婦の音色はばっちり。これからも、ますます頑張ってください。

平成30年度体育指導委員OB会

Yjimage9

1月25日(金)    挨拶する何年か前の伊藤OB会長

 昭和32年、体育指導委員制度が発足しました。

平成23年8月24日から、スポーツ振興法を50年ぶりに全面的に改正し、改めて

スポーツの理念を定め、国及び地方公共団体の責務やスポーツ団体の努力

などについて定めた「スポーツ基本法」が施行されています。

スポーツ振興法にうたわれた従来の「体育指導委員」は「スポーツ推進委員」と

なったのです。

写真は、まだ若かりし日の伊藤 俊 元枚方体育指導委員OB会長です。

今年も出席されましたが、年齢故、来年からは会長を退任したいという挨拶の

もとで、懇親が始まりました。

私も体育指導委員を約10年つとめさせていただき、参加者とは約30年前後の

付き合いです。友人です。名前がスラ~と出てきます。

体育指導委員会は当時から、教育委員会社会体育課が担当してまし、当時の

担当課長は、すでに市役所を定年退職。係長は還暦をまもなく迎えるとのこと。

「若かりし頃のたのしい思い出」が彷彿とします。

まだまだ、OB会を続けるとのことですから楽しみです。

幼なじみのお別れ会

Dsc_0519

1月24日(木)

 幼稚園・小学校・中学校が同じで、幼なじみの北川君のお別れ会に参列してきた。

同窓生7人と一緒に祭壇にバラをささげた。

最近、友人・知人の訃報がよく入る。寂しいものだ。もっと長生きしてほしい。

 年齢は同じ67歳、彼も政治家の道を歩んだ。現職の衆議院議員(6期)だ。

私とは思想信条は違うが、いつも笑みを絶やさず温厚だった。

 毎年、賀詞交歓会や同窓会総会・幹事会でいつも話ししたり酒を飲んだ。

「あと1回選挙すると環境大臣だ」とも言っていたな。

小さい頃の思い出はいっぱいある。

 たった一回の人生。もっと長生きしてほしかった。 

 

 

淀川河川改修の父「ヨハネス・デ・レーケ」

Dsc_0119

1月19日(土)       木津川河床遺跡

 木津川河床遺跡の見学と淀川河川改修の父「ヨハネス・デ・レーケ」の

学習会があり参加してきました。

私たちが毎日飲んでんでいる水道水の源である淀川の水。

この淀川はどのようにできのだろう、川の氾濫を起こさないために堤防は

どのように工事するのであろう。案外「そもそも」を知らないものだ。

明治政府は近代土木技術者、ヨハネス・デ・レーケ(オランダ人)技術者を

招いて木津川を改修したという。

Dsc_0120

Dsc_0140

写真中央に2本の川があります。小川をたくさん造ると水がよく流れると

いうので、このような工法もあったらしい。

Dsc_0130

木津川に流れ込む汚水処理による泡。

ここの水質を、調査してみたい。この下流には、枚方や大阪市民の水道水の

取水口があるのだ。

前進座「裏長屋騒動記」

Dsc_0047_2

1月12日(土)

 京都駅内の京都劇場で公演されている前進座「裏長屋騒動記」を

観てきました。さすが前進座。笑いと涙と社会の矛盾を面白く告発。

 前進座と山田洋次監督の初めてのコラボ。最近、大笑いできる作品

が少ないなか、この「裏長屋騒動記」は最高に面白い。

Dsc_0045

上演される前は、いつも心がワクワクする。

山田洋次監督は「僕は、本当に笑える楽しい喜劇を前進座が創造して

くれるといいなあと思います。

今、日本人は笑いたいんだけど、気持ちよく笑わせることほど難しいこと

はない。

それは、笑わせる方が、観客と同じような生きる辛さを共有していないと

いけないからです」と語っている。

2019年新春野点ハイク

Dsc_0014

1月4日(金)

 今日は今年一番の晴れ。正月そうそう気持ち良い山登り。

コースは蹴上からインクラインをとおり南禅寺、大文字山から銀閣寺の

いつもコースだ。

Dsc_0002_3

マイ抹茶茶碗をそれぞれ持参。23人の大茶会だ。

Dsc_0001

大文字山のふもとで食事。その後、野点を楽しむ

抹茶のお菓子は、京都名物の俵屋吉富の「雲龍」だ。二つもいただいて

しまった。

Dsc_0023

山の仲間は、自分の家のある周辺を紹介してくれる。

京都の夏の風物詩、大文字の山焼の場所から京都市内を望む。

遠くに、大阪のあべのハルカスが見える

Dsc_0027

山の友人が留学生を連れてきていた。タイ人、中国人だ。

私の孫と同じ年代だ。若い人からいろいろなことを教わる。

Dsc_0036

東山トレイルは、まだまだ昨年の台風の被害が残っている。

どこの山に登っていてもこのような風景が見られる。

2019年初詣

00080001_2

1月2日(水)

 地元の氏神さんである高良神社に初参り。

その後、石清水八幡宮へ表参道を歩きながら登りました。

我が家から歩いて5分で表参道の入山口につきます。

国宝になったからでしょうか参拝者が多いような感じです。

あまりの参拝者で、すぐ裏参道で下山しました。

 

 

2019年・新年あけましておめでとうございます

Dsc_9914_2

2019年1月・元旦        畑にいっぱい咲いている水仙です

 新年あけましておめでとうございます。

みなさまにおかれては、お変わりございませんか。

昨年は、社会変革ボランテア、山登り、海釣り、畑と庭の草刈りの格闘

町内会活動、海外旅行、秘湯温泉巡りなどバタバタ、はんなりと過ごしました。

 今年も、みなさまの健康を祈念し、戦争をしない国にしていきましょう。

2018年大晦日を船釣りで過ごす

Dsc_9936

2018年大晦日(月)

いよいよ2018年も幕を閉じますね。

今年の最後に、和歌山にタイ釣りに行ってきました。

写真は、海から見た日の出です。朝6時30分ごろでした。

Dsc_9957

いつもの枠谷船頭に導かれ、大みそかを楽しみました。

もう20年以上の付き合いの専属船頭です。

今年もありがとうございました。

Dsc_9944

地球温暖化の影響か、年々漁獲量?がへってきます。

以前は何度も、大みそかの釣りで顔を見られた大きなタイが見あたりません

でも結婚式用のタイサイズがたくさんとれました。

正月は塩焼きでいただきます。

Dsc_9958

港では、船の正月準備がされていました。正月3日くらい、大漁旗を掲げ

船首には、松飾がしてます。船主の気持ちが伝わってきます。

港にはたくさんの大漁旗を掲げた船がならんでいます。

いい景色だな~。

2018年も今日で最後です。

いろいろ、お世話になりありがとうございました。

2019年もよろしくお願いします。

京都府京北町へまきを買いに

Dsc_9922

2018年12月30日

 年末も押しつまっている中、京都府京北町・周山にまきを買いに行きました。

山村に向かうということでなぜか心がほっこりしています。

まきストーブで今年も楽しむため、友人の親戚から超格安で薪をいただきました。

途中、よくコーヒーを飲んだ周山のウッデイ京北へよりましたが、もう年末休み。

残念。餅花を求めたかったのに・・・・。

Dsc_9926

ウッデイ京北の入り口です。

Dsc_9924

正月用の「餅花「」が入り口に飾られ、地元の人の正月を迎える

心のやさしたを感じました。

Dsc_9969

 ついに買い求めることができました。

軽トラックの荷台に山盛り積んで自宅に帰ってきました。

コナラなど、まきストーブに適したまきが豊富にあります。

途中、周山街道の中川の村で北山杉を見ましたが、最近は以前と比べると

出荷が減っているようです。

 薪をいただいたお家で、つきたてのお餅と柚子のジャムををいただきました。

お餅は、まだあつあつです。いただくと、お餅の中に納豆が入っている

のです。初めてです。でもなんとおいしかったことでしょう。

Dsc_9928

周山の気温はマイナス1度でした。

« 終い山行「地蔵山~愛宕山」

フォト
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ