カテゴリー

  • まちづくり
  • 医療・福祉
  • 平和
  • 悲しかったこと
  • 感動したこと
  • 教育
  • 暮らし
  • 書籍・雑誌
  • 枚方市議会の動き
  • 楽しかったこと
  • 清潔公正な市政
  • 環境
  • 男女共同参画
  • 趣味
  • 農業

2018年 やわた太鼓祭

Img_6013

7月15日

 14日・15日、やわた太鼓祭が開催された。

気温は、朝からの35度前後で、熱中症大丈夫かなと不安がよぎる。

 今年は八幡市に引越して初めての神輿に登らせていただきました。

采配しているのが私です。 

 去年は、スルーしたのですが、今年はすこし練習してバッチリ、

テンションがあがりました。

Img_5970

 私も神輿かつぎをしました。

祭りは楽しいですね〜。

町内ごとに作られた「屋形御輿」が、太鼓を打ち鳴らしながら町内を巡行します。

この神輿、半端じゃないのです。神輿かつぎには青年で20人が最低必要です。

高良神社での「宮入」では各地区の神輿が一堂に集まり夕方7時から

9時過ぎまで続きます。

夜店がいっぱい出て、たくさんの人々で熱気ムンムン。

Dsc_8998

「ヨッサー、ヨッサー」の勇ましい掛け声とともに参道を練り歩く姿は

迫力満点です。

みなさん、暑さと神輿の重さでクタクタです。

八幡市の初夏の風物詩ですね〜。

 高良神社は、町内会の氏神さんです。神社の山の上には、国宝の

石清水八幡宮があります。

 来年も、神輿にのぼります!。

49年ぶりに高校恩師と再会

Dsc_8802

6月30日(土)午後

 京都市内の女子大学の教会で、私の高校時代の恩師である

中島三千男(元 神奈川大学学長)先生の「天皇の代替わり儀式

・・安倍改憲の下ならしー」と題した記念講演がありました。

Dsc_8800

私の高校時代の恩師、中島先生は「来年は後期高齢者」だと言わ

れました。私の高校時代の「日本史」非常勤講師でした。

京都大学大学院生(日本史を専攻)で、何度も京都大学の百万遍に

有る下宿にお伺いしたものです。

今まで、私が習っていた世界観・日本の歴史に対する「認識」を、

大きく変え、その後の人生に大きな影響を与えていただいた先生

です。私が大学生になってからは、いつも下宿で酒を飲みながら

「日本の歴史・人生」を語ってくれました。

49年ぶりの再会に感動です。

Dsc_8779_2

実は、この講演会は京都宗教者平和協議会主催で行われたものです。

前日は、大阪市内で同様の講演会が行われました。

Dsc_8784

教会堂での講演は、過去何回か参加しましたが、新しい感慨が

ありました。

Dsc_8792

Dsc_8793

Dsc_8794

講演会が終了後、京都市内で先生を囲んで懇親会を開催され、

私も招待され参加し、より一層先生との49年の空白をうめることが

できました。

年金者組合八幡支部の総会と記念講演

Dsc_8766

6月30日(日)午前中

八幡市内で、年金者組合の総会があり、参加してきました。

いつも誘ってくれる友人は、よく勉強し、社会のうごきの分析

までしています。

写真は、支部長の開会挨拶です。

年金者組合の活動は、①「年金引き下げは憲法違反」の裁判を

全国的に起こしています。②年金の「毎月支給」を要求しています。

③新しい署名であらゆる年代の人々と共同の輪を広げています。

④活動は「楽しみ7分」で仲間を増やしています。

年金者組合の中には、たくさんの「サークル」があります。

私は「碁」の勧誘を受けていますが、今少しその気になれません。

「男の料理づくりと出来上がった料理でちょっと一杯」なんていいな〜

と思っています。

Dsc_8770

総会の後、の記念講演は石川啄木(1886~1912)研究の第一

人者の田中礼京大名誉教授で、数多くのしんぶん雑誌の歌壇

選者を務めています。

「石川啄木 没後100年 閉塞に立ち向かう啄木」と題し田中氏は,

啄木が生きた26年間の時代背景、戦争へと向かう時代の中に

ありながら、新しい社会への希望を見出そうと準備していた雑誌

創刊の動きなどについても話しました。

また、啄木は韓国併合や大逆事件、特高警察の創設など国が

戦争へと向かう中で、幸徳秋水ら社会主義者の影響を強く受け、

またロシアの革命家・クロポトキンの著書を愛読するなど、「助け

合いと連帯の思想を内部に築いていった」と述べました。

 24歳で「時代閉塞の現状」を執筆、25歳で雑誌「樹木と果実」

の創刊を決意していたことについて、「啄木は議会選挙を重視し

ていた。

普通選挙同盟会が発足し、平塚らいてうが青鞜を創刊するなど

の中で新しい社会へ青年たちを先導することを目標にする政治

雑誌を作ろうと実行運動を始めたいと思っていたのではないか」と

閉塞の時代を打開しようと動き始めていた啄木を紹介しました。

2018 関西啄木祭

Dsc_8728

6月24日(日)

 大阪市内で、関西啄木祭実行員会主催による催しに招かれ、

参加してきました。

 記念講演は、田中礼 京大兄弟名誉教授が「いまを生きる啄木・・

閉塞に立ち向かうもの」でした。

「貧苦・貧苦の連続、病のなかで自己の変革を続けた。そして

26歳の生涯を閉じた。ジャーナリスト・思想家として政府を批判し

科学的社会主義に到達した啄木を継ぐ」と締めくくりました。

会場いっぱいの150名以上の参加者は、石川啄木の生きた時代、

果たした役割など真剣に聞き入っていました。

Dsc_8738

実行員会を代表してあいさつする 長野 晃さんです。

Dsc_8734

歌唱する人は、男性合唱団「昴」団長の千秋昌弘さんです。

作詞者は石川啄木、作曲者4名の曲を披露しました。

八幡市での「大阪北部地震」の一部

Dsc_8709

                         昔からの蔵

Dsc_8726

                         新築の家

6月18日(月)の地震

 6月18日午前7時58分ごろ、大阪府北部を震源とするマグニチュード

6・1深さ13kmの地震があり発生しました。

6時半にはおきていましたが、もうそろそろベッドから起きようとしていた

時、床下からどんと突き上げる地震、直下型地震です。

八幡市では観測史上初めての震度5強です。

家の中は、クローゼットがはずれたり、いろいろなものが落下していま

したが、現在のところ、壁に顕著なひび割れなどは見られません。

大阪市北区、大阪・高槻市、枚方市、茨木市、箕面市で震度6弱の

揺れが観測されたのですね。

地震発生後すぐ、何人かの友人・親戚に携帯しましたが、つながった

のは1件だけでした。

Dsc_8712

八幡市では、国宝石清水八幡宮の石灯篭40基が倒れたり、お店

の商品がぐちゃぐちゃになったり、壁の倒壊、屋根損壊・瓦の落下

水道水に濁りがあったりと被害が出ました。

まだ、被害の全容はわかりませんが、一部ブルーシートがかけられ

ている家が何件もあり、地震の影響を残しています。Dsc_8716

家屋の損傷では、古い家もあったのですが比較的新しい家も

目立ちました。

八幡市役所からはブルーシート2枚だけもらえるだけですが、国

の激震災害認定や各自治体の独自条例で、少しでも補修のため

の助成ができればと思います。

六甲全山縦走 三分割の一

Dsc_8677

6月10日(日)

六甲全山縦走路を3分割し、一番登り降りが厳しい菊水山から麻耶

山を歩いてきました。

写真は、この間役立っているスマートフォンのアプリでみた、私が歩い

た「ふみあと(青線)」です。GPSは便利ですね。

自分自身がいる場所が瞬時にわかるのですから。

 登山口を朝8時42分スタート。菊水山には10時01分、鍋蓋山には

11時08分、麻耶山には14時13分。

台風の影響と雨、私の体力の限界で麻耶山からロープウエイで下山

しました。今回は、もう限界だった〜。

Kimg4916

 写真は麻耶山山頂(高さ702m)です。

雨でカメラが曇っています。

歩いた距離は12・9m、高低差は590m,消費カロリー

は2532Kcalでした。本来の縦走目的は六甲山記念碑台・六甲

ケーブルまでだったのですが、途中でエスケープです。

Img_2567

菊水山でまずパチリ。右端が私です。左の二人はこの1週間で山に

3回入山したそうです。

リーダーの歩き方(テンポの良さ)にほれぼれしました。

良く鍛えています。

私は、まだまだ運動不足。

最初の急登の難関、菊水山(458m)。

登山口の鵯(ひよどり)越(高さ100m弱)〜菊水山まで一気に300m

の急登です。

第二の急登は麻耶山への約500m高低の2時間の登りが一番の

難関です。

 体力が落ちているのを実感。

再度、体づくりをしなければと感じた山登りでした。

八幡市内で日本共産党演説会

Dsc_8669

6月9日(土)

 私の住む八幡市で国政報告会が開催されました。

山下よしき副委員長、倉林明子参院議員、森下よしみ京都府議、

市議候補4人が訴えました。

Dsc_8671

 山下よしき党副委員長は「野党連合政権への道を開いて

いこう」と訴えました。

 山下さんを初めて知ったのは30数年でした。

たくましく成長された山下さんの話に感動しました。

是枝裕和監督「万引き家族」を観て

Photo

6月8日(金) 

 是枝裕和監督がカンヌ映画祭最高賞のパルムドールを受賞し、

「万引き家族」が今日初めて全国一斉公開された。

 

 今村正平監督の「うなぎ」以来21年ぶりのパルムドール賞ですね。

作品は、年金詐欺事件(亡くなったおばあさんの年金をひき続き受け

取る)、おばあさんの年金11万円では生活できないから、息子と孫が

万引きに走る。リアルである。

 

 昔むかし、有名なイタリアの「自転車泥棒」を観たが、すこし違うのは

貧困は同じでも、この作品は、家族のつながりがワンシーンに出てくる。

 映画祭での監督受賞スピーチで「映画は、対立し、隔てられている

世界と世界をつなぐ力を持つ」言った。

 

 素晴らしい監督だ。頑張れ!

      

2018年清掃登山

Kimg4885

6月3日(日)

今日は全国一斉に、日本勤労者山岳連盟が「清掃登山・クリーン

ハイク」に取り組んでいる。

自然保護運動の一環です。

Kimg4848

私たちがいく山は、京都高尾の近く栂ノ尾バス停で降りて沢ノ池

(沢池)まで行ってそして澤山(沢山516m)に登ること。

その途中のごみを拾って、京都市清掃局に渡すこと。

 このコースは学生時代からよく歩いたコースだ。

入山しようとすると、わずか2か月前、この地に熊が出たとの標識。

Kimg4850

これが沢の池(沢池)。数十年前ここで、テントをはってよく宿泊した

ものだ。

Kimg4851

山の仲間は、38名参加。にぎにぎしさいっぱい。

いつも、弁当を持って行っているが、おかずの配給があり

大満足している。

しかも食後は、手作りケーキにコーヒ。

ありがたいことです。

Kimg4863

京都の北山をはじめ各地の山を登ると、昨年の台風による

倒木が目立つ。そのほとんどが倒れたときそのままの状態だ。

Kimg4872

最近、いつも山のふもとで携帯電話のアプリを使って、自分の現在地

をGPSで確認しながら登っている。本当に便利なものだ。

今回も詳しく、歩いた距離数・カロリー数・万歩計・各地点での時間、

そしてなによりも私が歩いてきたところを地図上に上書きしてくれて

いる。

今まで国土地理院の地図を見ながら読図していたが、まさに革命的だ。

Kimg4854

 澤(沢)山に「銀鱗草」が2か所咲いていました。
もちろん、私はいったいなんの花なのかわからない。
でもやさしい人たちが、京都弁で教えてくれる。
神秘的な白い色で茸のような容姿が可愛いでした。
ギンリョウソウ (銀竜草)、ユウレイタケ の名前も
あるそうだ。
開花の時期は 6月中旬~7月中旬で 5~20 cm程度
まで成長するとのこと。
全体を見ると竜で、白銀色をしているところから銀竜草とも。
白っぽい姿から幽霊が連想され、また緑の葉がなくキノコ
に見えるところからユウレイタケ(幽霊茸)とも言うらしい。
みんな、山の花をよく知っていて、いつもびっくりする。

ノーモア・ヒバクシャ近畿訴訟・全面勝利をめざすつどい

Dsc_8631_2

    日本原水爆被害者団体協議会 和田征子さんのあいさつ

6月2日(土) 

大阪市内で、「ノーモア・ヒバクシャ近畿訴訟・全面勝利をめざす

つどい」が開催され参加してきました。

1945年8月6日・9日広島と長崎に落とされた原子爆弾で一瞬

にして21万の人々が亡くなられました。 

 73年たった今も、16万人を超える被爆者が心と体に傷を負って

暮らしています。

 

 被爆者は「自らを救い、人類の危機を救おう」と誓い全国で

たたかいを開始しました。

当初、300人にものぼる人々が全国で「ノーモア・ヒバクシャ訴訟」

をおこし、原爆症認定第2次集団訴訟では全国で提訴者121人、

現在は原告者数35人になっています。

Dsc_8636

 

 記念講演は、日本原水爆被害者団体協議会 事務局次長の

和田征子さん。

上記写真は弁護団からの報告をする愛須勝也弁護士

Dsc_8641

これからの行動を訴えるノーモア・ヒバクシャ近畿訴訟近畿連絡会

の西 晃 弁護士。

近いうちには「全面勝利を祝うつどい」にしたいと述べました。

Dsc_8640

原告には激励をかねては花束贈呈されました。

被爆者とともに核兵器のない世界をつくりましょう。

安倍総理は辞職すべき

Dsc_8629_2

5月31日(木)           ユーチューブより

 昨日、1年半ぶりに党首討論が行われました。

しかし、志位和夫委員長の質問時間はわずか6分30秒。

立憲民主党の枝野さんもわずか約18分でした。

この時間で、どうして満足した論議ができるのか。

 与党は、党首討論に時間をかける事に同意すべきだ。

党首討論の中身は重要なことばかり。

特に森友・加計問題。

「改ざん、隠ぺい廃棄、虚位答弁」このような悪質きわまる

行為を引き起こした政権は、安倍政権が歴史上初めてと

志位さんは述べたがまさにそのとおり。早く総理の職を辞

してもらいたいと私も思う。

 

 

2018年5月、こんな野菜が採れ花が咲きました。

Dsc_8449

Kimg4774

 紫蘭(シラン)です

5月30日(水)

 毎日、毎日畑の草取りが大変です。今野菜はサニーレタス。

三度の食卓にとれとれ野菜を食しています。おいしいです。

 サンショ、キュウリ・トマト・バジル・小松菜・モロヘイヤも楽しみ

です。

また、お向かいさんから玉ねぎをたくさんいただきました。

さっそく、軒先につるしました。

草取りして腰が痛くなってくると、畑・庭を見渡して癒しています。

Dsc_8593

アマリリスです。

花言葉は「誇り」「おしゃべり」「輝くばかりの美しさ」だそうです。

なぜか中南米に似合いそうな花です。ヒガンハナ科。

Dsc_8594

Dsc_8595

Dsc_8597

 アジサイは、青、ピンク、など3色が咲き誇っています。

Dsc_7905

「5・3おおさか総がかり 安倍9条改憲ゆるさない」集会に2万人以上の参加 

Dsc_8552

5月3日(木)

 大阪市内の扇町公園で「安倍9条改憲ゆるさない! 5・3おおさか

総がかり集会」が開催され、2万人以上の参加者で会場は熱気ムン

ムン。(東京の集会では55000人だったそうです)

 写真は野党各党代表者と一緒にプラスターを掲げ、9条改悪反対の

意思表示をしています。プラスターの表は「アベ政治NO!」、裏は「戦争

アカン!」です。

Dsc_8560

精神科医の香山リカさんは「3000万人の署名が集まるか心配

だった。しかし市民が手をつないで頑張れば安倍政権を追い詰

めていける。マスコミの世論調査でも、安倍政権やめろが多数に

なってきている。北東アジアは変わろうとしている。世界の国民が

手をつないだからだと思う。私は憲法を大事にしてきました。平和

で世界の人々と憲法を守ろう」と訴えました。

Dsc_8565

集会最後に全員でプラスターを掲げ壮大だったが、シャッター

チャンスを失った。

辰巳孝太郎議員は「今日は憲法ができて71年目の日です。

南北会談により戦争が回避されたことは歴史的な一歩で

喜びです。

この会談の前後でも安倍総理は、北朝鮮への圧力一辺倒の

考えです。

憲法をかえて自衛隊が海外に無制限に出かけられるように

している。今でも安倍政権は憲法を破壊している。

この政権に憲法を語る資格はない。安倍政権を打倒しよう」と

連帯の挨拶をしました。

米軍と自衛隊の横須賀基地を訪ねる

Photo

4月20日(金)〜22(日)       米軍 横須賀基地

 

 沖縄の米軍基地撤去は、多くの国民の願いです。

沖縄の基地は、アメリカ空軍が大半だ。 

 では、海軍はどこか。それは神奈川県横須賀基地です。

以前から、視察したかったがかなわず今回横浜での用事とかねて

初めて横須賀基地を訪ねた。

沖縄の嘉手納基地をはじめ、長崎の佐世保基地、ほか本土の自衛隊

基地など抗議行動に行きました。

 

 案内は「原子力空母入港反対!」と何十年と頑張っている人です。

初めに、基地の実態を実際に見て、そのあと約1時間半のレクチャー

を受けた。

 写真は、原子力空母「ロナルド・レーガン」だ。

2015年秋までは「ジョージ・ワシントン」だった。

私は、鮮明に思いだすことができます。

 1970年代、国会で不破哲三さんたちが何度も、アメリカの原子力

空母には、核を積載していないかと迫った。

政府はいつも「核3原則」(核をつくらず、持たず、持ち込ませない)が

あるから核積載のまま日本入港はありえないと追及をかわした。

 50年たった現在、どうだろうか。

アメリカの原子力空母は、日本に寄港する際、わざわざ核燃料など

他国におろして入港するなんてことはありえない。

その実態を調査してきた。

Spy1

横須賀港では、原子力空母「ロナルドレーガン」が母港化している

現状をありのま見せつけられた。

危険だからと行わないと言っていた原子炉メンテナンス・修理施設

(CIF)やバックアップのための発電所を建設し、メンテナンスのために

アメリカから専門要員を600人呼んでいるそうだ。

 イージス艦のシステムというのは、艦の全方向を4つのレーダーで

監視し、とらえた目標(対艦ミサイルや航空機)100から200個以上を

同時に追尾し、さらに自艦や味方艦隊に対する脅威度や迎撃優先度

の判定、最適な迎撃武器の選択までをコンピュータが自動的に行い、

実際に迎撃する場合には、ミサイルの誘導管制まで行う戦闘システム

だそうです。

SPY-1レーダーは、上記写真の6角形のものをさすそうです。

Photo_2

アメリカの第7艦隊の中枢施設があるところですが、潜水艦隊は

米海軍の施設を使用しているらしい。

また、軍港にはイギリス海軍の艦船も停泊していた。

これは、初めて知った。

Photo_7

 日本が鎖国政策をとっていた江戸時代末期、相次ぐ黒船襲来で

江戸幕府は江戸湾の入り口にあたる横須賀に沿岸警備・製鉄所

造船所をつくっていったのが基地の特別な歴史を持っている。 

 当時は、約300人の横須賀村民は今や40万人の都市になって

いる。

第7艦隊の司令部は旗艦ブルーリッジないにあるとのこと。

Photo_6

カーティス・ウィルバー (英語: USS Curtis Wilbur, DDG-54) は、

アメリカ海軍のミサイル駆逐艦。ミサイル防衛対応艦船です。

横須賀を母港とするイージス艦は、湾岸戦争、アフガン戦争

イラク戦争では中心的役割を果たしたのです。

Photo_5

上記写真は、沖合に設置された磁気除去装置で、日本に

横須賀にしかない。

潜水艦を含む軍艦では海上・海中・空中の磁気の乱れによって

敵に発見・攻撃される恐れや磁気感応式機雷に反応するリスク

が高まるため、不必要な磁気を船体から除く必要があるからだ。

Photo_4

 やまぎり(ローマ字 JS Yamagiri, DD-152, 旧 TV-3515)は、

海上自衛隊の護衛艦(敵潜水艦からの攻撃から守るため、

イージス艦を護衛する)。

あさぎり型護衛艦の2番艦で、やまぎり型練習艦の1番艦であった。

艦名は「山地に発生する霧」(山霧)に由来するらしい。

なお、艦艇名としては旧海軍通して初の命名であるらしい

Photo_8

 弾薬庫です。海岸線の基地ではよく目にすることです。、

また、山を掘って、弾薬庫にして山のように見せかけて

いる基地は全国にあります。

Photo_9

現在の「しらせ」。所属は海上自衛隊、横須賀が母港である。

先代は「5002」だとのこと。

  やはり、横須賀港はまさに日米の最大の軍港であった。 

 当面は、自衛のための軍事力はやむを得ないとしても、

早く全面的に空軍・海軍などの軍事力にたよらない社会を

築きたいものである。

国連憲章には「国際的紛争または事態の調整または解決を

平和的手段によって」と明記されている。

ASEAN(東南アジア諸国連盟)のように平和共同体づくりが、

平和を築く近道ではないだろうか。

秘湯を求めて

Dsc_8013

4月17日(火)〜18日(水)

何かと多忙な中を、秘湯を求めて心と体を癒してきました。

宿から谷川を見ると、川の水、山の木々など原色に近い

色合いをもって待っていてくれました。

川の水は、梓川のような感じです。

Dsc_8022

今回の秘湯めぐりは、岐阜県にある湯屋温泉です。

行きは、渋滞に巻き込まれて5時間もかかってしまいました。

でも、待っていてくれた湯屋温泉は炭酸泉で源泉かけ流し。

さっそく、炭酸水をいただいて温泉に入りました。

 みるみる間に泡が腕と体全体に水泡をつくっていてくれる。

からだによいのでしょうね。

Dsc_8048

もともとは冷泉なので、少し加温してある。30分でもつかっていられる

適度な温度である。

Dsc_8075

南飛騨小坂はなもも街道を行く。

大阪京都などでは、さくら等は散ってしまっているが

ここは、今が一番のみどころですよとアピールしているみたい

Dsc_8098

帰路、川に一面のこいのぼりがつるしてある。

最近全国を行くとよくこの光景に出くわす。

もう5月なんだ。男の子、丈夫に育てよ。

ノーベル平和賞受賞 ICAN 川﨑哲さんの講演

Dsc_7953

4月16日 (月) 

 夕方、エル大阪で、ヒバクシャ国際署名推進・大阪の会が主催し

ヒバクシャの証言とノーベル平和賞受賞・ICAN〜川﨑哲さんの

講演会が開催されまし。

160名が参加して、会場は熱気ムンムンでした。

「私の被爆証言」も聞くことができました。

 写真は被ばく者とその関係者です。

Dsc_7943

 記念講演として川﨑哲(あきら)さんは、今回のノベール平和賞

受賞した「ICAN」とは、2007年設立、101ヶ国468団体が加盟する

核兵器廃絶国際キャンペーンしている世界的NGOです。

 川崎さんは「今回のノーベル平和賞の受賞は市民の運動を評価して

くれたこと。私たち市民の核兵器廃絶運動は、広島・長崎の被爆者の

方々・市民が全世界に平和の尊さ、核兵器廃絶を発信してきた賜物

だ」と述べました。

「核兵器で平和を守れるのか?核兵器のない世界を実現するのは?」

との質問には、「核兵器禁止条約を生かしていこう」と応えようと訴え

ました。

 

 平和を求める地道な活動が大切だと感じました。

「隠ぺい、改ざん、うそ、口裏合わせ」の安倍政権に、一日たりと政権を担う資格はない

Dsc_7854

4月11日(水)               NHKテレビより

 次から次へ「ない」と言っていた記録が出てきました。

獣医学部新設は「首相案件」だと。

今日は、衆議院予算委員会があり午後から最終の宮本たけしさんまで

NHKで審議の状況を見ました。

国会と市民の連携で、徹底的に膿をだし、安倍退陣をせまらねばとつくづく

思う。

朝日新聞には、獣医学部新設をめぐり愛媛県が作成した文書(全文)が

掲載された。

柳瀬首相秘書官に強圧的な「指示」を言わせているのははっきりしている。

«我が家の庭にも春が着た

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ